ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、直近2試合連続ベンチ外となっている久保建英について言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。

昨夏レアル・マドリーから期限付き移籍で加入した久保。しかし、レギュラーポジションを獲得できず、出場機会の少なさから1月の移籍を希望。ヘタフェ移籍は間近に迫っていると、スペイン複数メディアで伝えられている。

すでに久保は直近のラ・リーガ第17節レバンテ戦、コパ・デル・レイのサモラ戦でメンバー外に。すでにビジャレアル側も戦力外としていると見られるが、エメリ監督は日本代表MFについて問われると、以下のように返答している。

「私は試合(セルタ戦)に、そして我々と共にいる選手について集中している」

「タケをリスペクトしつつ、私はビジャレアル、そしてここにいたい、競争したい、プレーしたい、明日に黄色いシャツを着たい選手に集中しなければならないんだ」

なおヘタフェのアンヘル・トーレス会長は、「この移籍を妨げるものは何もない。事務的な手続きに入っていて、3者間の交渉だ。落ち着いて待つ必要がある」と、数日以内に移籍が完了することを示唆している。