フローニンゲンがマンチェスター・シティから2年レンタルでU−20メキシコ代表ウィンガー、ユーリエル・アントゥナを2年契約で獲得した。

19歳のアントゥナは今夏、メキシコのサントス・ラグナからマンチェスター・Cへと引き抜かれた。そして、欧州での経験を積むため、エールディヴィジへ武者修行に出された格好だ。フローニンゲンのテクニカル・ディレクターを務めるペーター・イェルテマ氏は、アントゥナ獲得に喜びを示している。

「ユーリエル・アントゥナがいれば、我々はチームにスピードを加えて選手層も厚くすることができる。彼を獲得することは我々の望みの一つであったし、契約を完了できて喜んでいる」

フローニンゲンは今夏、ガンバ大阪から堂安律を1年のレンタルで獲得。奇しくもアントゥナとは年齢、移籍の経緯、ポジションが同じで、ライバルとしてしのぎを削っていくこととなりそうだ。