マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカクは、2ゴールを奪い勝利に貢献したウェスト・ハム戦後、デビュー戦について振り返っている。

現地時間13日、イングランド・プレミアリーグ第1節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはホームのオールド・トラッフォードでウェスト・ハムと対戦。7月に7500万ポンドでチームに加入したルカクは、33分に先制点を奪い、52分にも得点をマーク。ベルギー代表FWの活躍もあり、ユナイテッドは4-0と快勝した。

試合後、ルカクは『スカイスポーツ』のインタビューで「このような大観衆の中で偉大なクラブのためにプレーできて夢がかなった気分だが、最も重要なことは勝ったことだ。4ゴールを奪って、クリーンシートで終われた。僕たちは上手くスタートできた。あとはこれを続けられるように努力しなければならない」と開幕戦に勝利した喜びを語った。

続けて「マンチェスター・ユナイテッドでは、全員がそれぞれの役割を持っている。僕の仕事は、ボールをキープしてゴールを決めることだ。チームは今日、とても良いプレーができた。みんなが多くのチャンスを作り、たくさんゴールを奪えた。ファンは魅力的なフットボールを期待しているから、今日のゲームに満足していると思う」とチームのパフォーマンスに納得しているようだ。

さらに、同選手は「これはスタートにすぎない。監督は今シーズンのプランがあると言っていた。僕たちは彼の考えに付いていけるように努力する必要がある。そのプランが僕たちをさらに上へと導いてくれるだろう」とコメントを残している。