ブラジル代表MFアルトゥールは、契約解除に向けてバルセロナへ合流することを伝えたようだ。

6月下旬にミラレム・ピャニッチと入れ替わる形で、ユヴェントスへの移籍が決まったアルトゥール。今季終盤戦はベンチ入りするものの出番はなく、ラ・リーガの日程を終えていた。その後チームの休暇を利用し、ブラジルに帰国している。

しかし、8月にチャンピオンズリーグ(CL)を控える中で今季終了まではバルセロナでプレーを続けることとなっていたが、7月27日のコロナウイルス検査に姿を見せず。また続く28日のトレーニングにも合流しなかったことが『Goal』の取材で明らかとなっていた。これに伴い、バルセロナ側は処分を検討していると見られている。

そんな中『ムンド・デポルティーボ』は、アルトゥールが7日にチームへ合流すると伝えたと報じている。選手に近い情報筋によると、早期の契約解除についての意思は変わらないが、現在クラブとの間にある緊張感を和らげるためにバルセロナに戻るという。なお、依然としてバルセロナ側は早期の放出を認めていないようだ。

バルセロナは8日、CLラウンド16のセカンドレグで、ナポリと対戦する。アルトゥールはこの試合の欠場は確実となっている。