8日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグ、バルセロナ対ナポリは3-1でバルセロナが勝利。バルセロナは2戦合計でも4-2とナポリを上回り、準々決勝進出を決めた。

ファーストレグの結果は1-1のドローと、アウェーゴール差でバルセロナに分があったこの対戦。バルセロナは2分にメルテンスにポスト直撃となるシュートを放たれて肝を冷やされるが、10分にはリードを広げることに成功。ラキティッチの右CKからラングレがヘディングシュートでネットを揺らした。

その後バルセロナは、ボールを保持して真っ向から攻め込んでくるナポリを一枚岩の守備で跳ね返しながら、トップ下のグリーズマン、2トップのルイス・スアレス&メッシを起点とするカウンターからゴールを狙っていく。そして23分にメッシの理不尽とも言えるゴラッソが炸裂した。右サイドでボールを受けたバルセロナのエースは、DF3枚を相手にしながらペナルティーエリア内に侵入。一度はつまずかされたが、瞬時に立ち上がってそのままボールを持ち運び、態勢を崩しながら放った左足のシュートでネットを揺らしている。

バルセロナはさらに30分、デ・ヨングのお膳立てからメッシが再びシュートを決めるも、これはVAR介入後、メッシが手でボールをコントロールしたとしてゴールは取り消しに。しかしながら40分には、メッシがペナルティーエリア内で後方からクリバリに倒され、こちらはPKとの判定が下されてキッカーのルイス・スアレスがチームに3点目をもたらした。

順調にゴールを重ねるバルセロナだったが前半アディショナルタイム、ガットゥーゾ監督率いるナポリがかすかな望みをつなぐ。ペナルティーエリア内でメルテンスがラキティッチに倒されてPKを獲得し、インシーニェがGKテア・シュテーゲンを破った。試合は1-3で折り返している。

後半序盤も状況は変わらず、ナポリがボールを保持してバルセロナが堅守速攻で対応する展開が続く。ナポリの攻撃はバルセロナの守備を脅かすほどではなく、バルセロナは時間が経つに連れてポゼッション率を高めて追加点を狙うようになった。81分にはマリオ・ルイのアーリークロスから途中出場のエルマスがヘディングシュートでネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールと認められず。その一方でバルセロナは84分に最初の交代カードを切り、グリーズマンを下げてバルセロナBのMFモンチュをデビューさせた。

2点を決めなければならないナポリは終盤に意地の攻勢を見せ、ロサーノがポスト直撃のヘディング弾を放つなどしたが、結局追加点を奪うことはかなわず。ルイス・スアレスをジュニオール・フィルポに代えて守備を強化したバルセロナが2点をリードしたまま試合終了のホイッスルを迎え、ベスト8進出を決めている。

バルセロナは準々決勝で、チェルシーを下したバイエルン・ミュンヘンと対戦する。

■試合結果
バルセロナ 3-1 ナポリ
(2試合合計4-2)

■得点者
バルセロナ:ラングレ(10分)、メッシ(23分)、ルイス・スアレス(45分PK)
ナポリ:インシーニェ(前半AT4分PK)