パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するネイマールの元代理人は、同選手がバルセロナでリオネル・メッシと再びプレーすることを予想した。

2017年に史上最高額の移籍金でバルセロナからPSGに電撃移籍したネイマール。移籍以降、幾度となく負傷に見舞われるものの、フランスの地で大活躍を見せる同選手だが、頻繁に古巣復帰に関する憶測が流れる。そして、今夏の移籍市場では、バルセロナからの退団に揺れるメッシとともに、ブラジル代表FWの去就にも注目が集まる。

去就に関するさまざまな憶測が飛び交う中、ネイマールの元代理人であるアンドレ・カリー氏はアルゼンチン『El Litoral』で「ネイマールが再びバルセロナに行くことになれば私はとてもハッピーだ」と話し、スペインで南米の両スター選手が再びタッグを組むことを期待した。

「ネイマールはバルセロナ復帰の可能性を閉ざしてはいない。彼らのファンも彼がミスを犯したことを理解しているし、彼自身でさえも少なからず認識したはずだ。2年前、ネイマールは正式な形で私にバルセロナ復帰を申し出てきた。私たちは彼のパリ退団にとても近づいていた。しかし、少しのディティールが原因で実現しなかった」

「(新会長に就任したジョアン)ラポルタは彼らを再び共闘させることのできる唯一の人間だ。メッシはバルセロナから離れない。彼はバルセロナでキャリアを続けることを決めた。この件に関してはとても明確だ。ネイマールはメッシと再びプレーする。しかし、それはバルセロナでだ」