レアル・マドリーMFカゼミロは、ジネディーヌ・ジダン監督率いるチームで必要不可欠な存在となっているようだ。

8日に行われたUEFAスーパーカップのマンチェスター・ユナイテッド戦(2-1)で、カゼミロは先制点を記録。昨季チャンピオンズリーグ決勝のユヴェントス戦(4-1)に続き、貴重な得点をマークした。

カゼミロのゴールに、マドリーベンチは湧いた。「アイツは決勝戦の得点王だ」との声が漏れ聞こえ、DFナチョ・フェルナンデスはサインをねだるジェスチャーで背番号14を祝福した。

得点を奪ったカゼミロだが、本職の守備も怠らなかった。190cmを超えるユナイテッドMFポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチらと対等に渡り合い、ルカ・モドリッチやトニ・クロースのディフェンス面の負担を軽減。61本のうち57本のパスを成功させ、中盤にリズムを与えていた。

ジダン監督が嗜好するMFイスコを組み込んだ4-4-2で、カゼミロは絶対的な存在感を発揮している。最終ラインまで下がって守備をし、中盤で走り回り、ゴールまで決めてしまうのだから、指揮官が彼を手放せるはずはない。