22日にリーガ・エスパニョーラ2部第21節、アルコラスを舞台にウエスカ対レアル・サラゴサが行われ、2-1でウエスカが勝利した。ウエスカFW岡崎慎司は先発フル出場で1ゴールを決め、サラゴサMF香川真司は先発出場で57分までプレーしている。

アラゴン州ダービーであり、岡崎と香川の日本人ダービーともなったこの一戦。ダブル・シンジはどちらも先発を果たし、特に前半に存在感を発揮している。

まず20分、岡崎が魅せた。4試合ぶりの先発出場を果たしたウエスカFWは20分、左サイドを突破したセルヒオ・ゴメスのグラウンダーのクロスに反応。ゴール手前で倒れ込みながらボールを押し込み、ウエスカに先制点をもたらしている。岡崎にとってはじつに8試合ぶりのゴールとなり、今季得点数を4に伸ばした。

対して、2試合連続で先発した香川は29分に岡崎の活躍に呼応。ペナルティーエリア手前左のフリーキックから直接ゴールを狙った。しかし枠へと飛んでいったボールは、惜しくもクロスバーに直撃している。チャンスを逸したサラゴサだったが、45分にはプアードのクロスからソロがネットを揺らし、試合は1-1で折り返している。

後半に入ると、日本人ダービーは12分しか続くことがなかった。サラゴサのビクトール・フェルナンデス監督は57分に1枚目の交代カードを切り、香川真司を下げてイグベケメを投入。攻撃的MFの代わりに守備的MFをピッチに立たせた格好だ。

そして69分、ホームのウエスカが勝ち越し弾を記録。左サイドからのフリーキック、エウヘニが上げたクロスをペナルティーエリア内左のモスケラが右足ダイレクトで折り返し、ジョズエ・サがヘディングシュートを決めている。

1点ビハインドを負ったサラゴサは、76分にデルマスがセルヒオ・ゴメスのアキレス腱を踏んで一発退場となり、さらに81分には岡崎を倒したグイタンも退場となって9人となる。結局、スコアのほか数的にも優位になったウエスカが、1点リードを維持したまま試合終了のホイッスルを迎え、アラゴン州&ダブル・シンジのダービーを制した。

3試合ぶりの勝利で勝ち点を35としたウエスカは、サラゴサに2ポイント差をつけて3位に浮上。自動昇格圏の2位アルメリアとの勝ち点差は1となっている。