フローニンゲンとビーレフェルトが6日、練習試合が行われた。

フローニンゲンは板倉滉、アリエン・ロッベンが先発。一方、PSVからビーレフェルトへレンタルで加入した堂安律はベンチスタートとなった。

試合は17分にフローニンゲンが先制。左サイドからの折返しにエリア外からロッベンがダイレクトで左足を振り抜く。これがゴール右へと吸い込まれ、復帰後初ゴールでフローニンゲンに先制点をもたらす。

だが、22分にビーレフェルトが同点に追いつき、後半から堂安が出場。一方の板倉は前半のみの出場となった。

堂安は新天地でキレのあるドリブルも見せたが、連携面で苦しみ、チャンスを作ることはできず。両クラブにとって今夏最初のプレシーズンマッチは1-1のドローで終了している。

なお、フローニンゲンは13日にエールディヴィジが開幕。一方のビーレフェルトは14日のDFBポカール1回戦が新シーズン最初の公式戦となる。