トゥールーズのデニス・ザンコ監督は、退団した昌子源と意見を交わす時間がほとんどなかったと残念がった。

2019年冬に鹿島アントラーズからトゥールーズに加入した昌子。デビューシーズンは、加入から全公式戦にフル出場するなどDFラインで存在感を示したが、期待のかかった今シーズン、開幕前から故障に悩まされ、さらに復帰したアンジェ戦で再び負傷する。そして、そのままプレーすることなく、ガンバ大阪に移籍することが先日に発表された。

昌子を獲得し、起用し続けたアラン・カサノヴァ監督は成績不振を理由に解任され、その後も指揮官交代に踏み切り、1月からはザンコ監督が就任するなど、ここまで最下位20位と低迷するトゥールーズ。昨シーズンのDFリーダーの復帰を待ち望む声もがっていたが、最終的にわずか1年で退団したことを受け、同指揮官は7日の会見で日本代表DFについて語った。その様子をフランス『LeViolets』が伝えている。

「彼との話し合いは簡単ではなかった。なぜなら私は日本語を習得していない。わずかに彼を見たのはトレーニングホールだった。端的に、人目をはばかりながら意見を交わした。十分に関係を築く時間がお互いになかった。彼はグループから離脱していたんだ」