プレミアリーグ開幕節が12日に行われ、エヴァートンはホームでストーク・シティと対戦。今夏、マンチェスター・ユナイテッドから復帰したイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、復帰後初ゴールを決めた。

13年ぶりに青のユニフォームを着て、本拠地・グディソン・パークでの開幕戦に出場したルーニー。ファンの待ち望んだ瞬間は前半アディショナルタイム1分に訪れた。ペナルティエリア右横でパスを受けたドミニク・キャルバート・ルーウィンがクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだルーニーがヘディングシュート。ボールはゴール右に決まり、ルーニーはコーナー際に走って喜びを表すと、ファンやチームメイトから祝福を受けた。

ルーニーがエヴァートンで得点を挙げたのは、2004年4月13日のリーズ・ユナイテッド戦以来約13年ぶりのことだった。