U-24日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2021でU-24スペイン代表と対戦。1-1で終えた試合後、堂安律がフラッシュインタビューに応じた。

東京五輪の優勝候補筆頭であるスペインのボール保持に苦しみ、押し込まれていた日本。しかし42分、久保建英の突破から堂安が豪快なダイレクトシュートで先制点を奪う。だが後半もスペインの圧力に苦しみ、68分のペドリ投入でさらに劣勢に。すると78分に同点弾を許し、1-1で試合を終えた。

試合後、フラッシュインタビューに応じた堂安律は以下のように語っている。

「やっぱり強豪国とこうして試合ができたのは大きかったです。ただ、やっぱり選手内では力の差を感じましたし、こういう相手にボールを保持して試合を進めたいのが選手の本音なので。ただ、1-1という結果に関しては満足していいんじゃないかなと思います」

「我慢しながらという意識はしていましたし、そういうところの1点は大きかったなと思います」

「(ゴールの場面は)僕自身前半シュートがなかったので『1本打っておこう』という気持ちで打ったんですけど、いいところに入ってくれたかなと思います」

「(五輪への意気込みは?)本戦は無観客になっていますけど、スポーツの力を僕たちは信じています。サッカー通じてみなさんに勇気と感動を与えたいと思います」