ドイツ2部インゴルシュタットへの移籍が決まった関根貴大が、ドイツへと渡る前の羽田空港で取材に応じた。

9日に浦和レッズとしての最後の試合を終えたばかりの関根は「空港にも多くの人が駆けつけてくれて、ようやく行くんだなという実感が湧いてきました」と話し始める。続けて、このように意気込みを語った。

「本当に楽しみですし、浦和で培ってきたものをあっちでも発揮して、皆さんに恩返ししていきたいなと思います」

具体的な目標については「まずは試合に出ること」と話しつつ、浦和と同じ赤をチームカラーとするインゴルシュタットで持ち味発揮を誓っている。

「インゴルシュタットも赤いチームで、自分が育ってきたチームと同じカラーでやれるということは何かの縁だと思いますし、自分に持っているもの、ドリブル、ゴールへ向かっていく姿勢っていうものをあっちでも見せていけたらいいなと思います」

また、決断を後押しした要因には、浦和の先輩である現ヘルタ・ベルリンMF原口元気とのやり取りがあったことを明かした。

「チームの状況だったり悩みましたけど、先輩である原口元気選手がドイツに渡って活躍して、元気くんからも『お前の気持ちはどうなんだ? 行きたいのか、行きたくないのか』っていうシンプルな質問をもらって、素直に行きたいなと思いましたし、挑戦したいなって気持ちが強くてこの決断をしました」

「浦和の誇りを持って」。そう語り、ドイツへと旅立つ関根。今夏に行われたドルトムントでのテストマッチでも幾度となくサイドを切り裂いた。「自信はある」という言葉にきっと嘘はないはずだ。