EURO2020予選、グループFノルウェーvsスペインは1−1でフルタイムを迎えた。この試合では主将セルヒオ・ラモスが代表通算キャップ数を168に伸ばし、出場数がスペイン歴代1位をマークしている。

この偉業を受け、レアル・マドリーでかつてともにプレーしたデイビッド・ベッカム氏は、自身のSNSで、元同僚S・ラモスに向けた祝福のメッセージ動画を公開した。

「僕の友人よ、アミーゴ。とても素晴らしい偉業を達成したね。スペイン代表で168回もピッチに立つなんて、本当に信じられないことだよ」

「この信じられない瞬間を誇りに思ってほしい。君の家族もきっと記録達成を嬉しく思っているだろうし、お祝いに値するものだ」

「素晴らしい記録を達成したこの夜を最高のものにしてほしい。私からたくさんの愛を送るよ。おめでとう」

1975年生まれ、現在44歳のベッカムはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、1992年に同チームでトップデビュー。プレストン・ノースエンドへの短期レンタルも経験したが、2003年に退団するまでマンチェスター・Uでは数々のタイトル獲得に貢献した。

ベッカムは03−04シーズンからレアル・マドリーでプレーし、S・ラモスとは05−06シーズンより2年間ともにプレーした。2013年に引退したベッカムは、イングランド代表としては1996年〜2009年の13年間で115キャップを刻んでいる。

S・ラモスがマークした168キャップという記録は、イングランド代表で長らくプレーしたベッカムからしても、驚くべき数字と見ているようだ。