リヴァプールは、MFフィリペ・コウチーニョに対するバルセロナの1億ユーロ(約130億円)のオファーを拒否している。『Goal』の取材により明らかとなった。

コウチーニョはかねてより今夏の移籍が取り沙汰されている。バルセロナがネイマールの後釜として最も期待を寄せるのがこのブラジル代表MFだが、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督はうわさをたびたび否定していた。一時はバルセロナ行きが目前に迫っているとも伝えられたが、クラブは1億ユーロの高額オファーにも屈しなかったようだ。

コウチーニョはすでにリヴァプールと5年契約を結んでおり、契約解除条項もついていない。そのため、リヴァプールはどのような条件であったとしても、チームの中核となる選手の放出に否定的な立場を見せている。

なお、バルセロナはネイマールの後釜としてドルトムントのウスマン・デンベレ獲得に急接近している。