バルセロナFWリオネル・メッシは、名実ともに2010年代最高の選手と言えそうだ。

4度のチャンピオンズリーグ制覇に10度のリーガ優勝、個人としてもバルセロナやリーガ歴代最多得点記録保持者となっているメッシ。先日には史上最多となる6度目のバロンドールに輝き、32歳となっても衰えるどころか凄みを増している。

そんなメッシは、2010年代最高の選手と言うことができそうだ。データ会社『Opta』は、2010年代のヨーロッパ5大リーグ(プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)の得点ランキングを発表。メッシは2位のクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)に34ゴール差をつけ、トップに立った。

なおアルゼンチン代表FWは、アシスト数でも単独トップに。ゴール数と合わせて計505得点に直接関与していることになる。スタッツだけをとっても、最高の選手と言えそうだ。

以下、過去10年の欧州5大リーグ得点ランキング

1位 リオネル・メッシ:369ゴール
2位 クリスティアーノ・ロナウド:335ゴール
3位 エディンソン・カバーニ:223ゴール
4位 ロベルト・レヴァンドフスキ:221ゴール
5位 ルイス・スアレス:221ゴール
6位 セルヒオ・アグエロ:199ゴール
7位 ゴンサロ・イグアイン:191ゴール
8位 ピエール=エメリク・オーバメヤン:183ゴール
9位 ズラタン・イブラヒモヴィッチ:177ゴール
10位 カリム・ベンゼマ:155ゴール

以下、過去10年の欧州5大リーグアシストランキング

1位 リオネル・メッシ:136アシスト
2位 アンヘル・ディ・マリア:108アシスト
3位 メスト・エジル:106アシスト
4位 トーマス・ミュラー:103アシスト
5位 クリスティアーノ・ロナウド:95アシスト
6位 ダビド・シルバ:94アシスト
7位 ディミトリ・パイェ:93アシスト
8位 ケヴィン・デ・ブライネ:93アシスト
9位 ルイス・スアレス:90アシスト
10位 セスク・ファブレガス:89アシスト