マンチェスター・ユナイテッドが、ポルトに所属するブラジル代表DFアレックス・テレスの獲得に接近しているようだ。『RMC Sport』など複数メディアが伝えた。

今夏の移籍市場で左サイドバックを補強ポイントの一つとしているとみられるマンチェスター・Uは、スペイン代表DFセルヒオ・レギロンへの関心が強く報じられてきた。しかし、レアル・マドリー側の買戻しオプションの要求を拒んだことで、同選手はトッテナム行きが濃厚となっている。

そのため、マンチェスター・Uはテレスにターゲットを変更したようだ。ジャーナリストのモハメド・ブアシ氏によれば、マンチェスター・Uとテレスは既に5年契約の個人条件で合意済み。クラブ間合意はまだで、マンチェスター・Uが正式オファーを提示するか検討中だという。

なお、テレスに関してはパリ・サンジェルマンも興味を持っているという。ポルトがテレス放出の際に求める移籍金は、2020-21シーズン限りで契約が満了することもあり、2000万ユーロ(約25億円)程度とみられる。

昨年にブラジル代表デビューした27歳のテレスは、2016年からポルトでプレー。2019−20シーズンにはリーグ戦31試合で11ゴール8アシストを記録するなど、攻撃的なレフトバックとして評価を高めた。