27日にシンガポールで行われるインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)のバイエルン・ミュンヘン対インテル戦で日本代表のDF長友佑都の先発が予想されている。『Goal』の取材により明らかになった。

インテルは中国で行われた親善試合シャルケ戦(1-1)、ICCリヨン戦(1-0)に続き、今度はシンガポールでカルロ・アンチェロッティ率いるブンデス王者のバイエルンに挑む。ルチアーノ・スパレッティ指揮下のインテルは4-2-3-1のフォーメーションを採用する。

守護神のGKサミル・ハンダノビッチはリヨン戦で負った足首のケガのため欠場する予定。代わって今夏、トリノから加入した31歳のGKダニエレ・パデッリがゴールマウスを守ることが予想されている。またリヨン戦ではベンチスタートだったDFミラン・シュクリニアル、そして去就が不透明なFWイヴァン・ペリシッチの先発が予定されている。長友はシャルケ戦、リヨン戦に引き続きスターティングメンバーに名を連ねる見込みとなっている。

ブンデス王者を相手に爪痕を残し、スパレッティ新監督の信頼を勝ち取ることができるか注目されるところだ。なお主将のFWマウロ・イカルディは2016-17シーズン終盤に負った左大腿部のケガから復帰できておらず、欠場する。