■CL決勝T1回戦第2戦 バルセロナ 3−0 チェルシー

バルセロナ:メッシ(3分、63分)、デンベレ(20分)

14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでチェルシーと対戦した。

11シーズン連続のCLベスト8進出が懸かるバルセロナ。2013年5月のバイエルン・ミュンヘン戦以降、欧州の舞台でホーム無敗を貫いている。

3分、早速スコアが動く。先制したのはバルセロナだ。メッシがデンベレとのワンツーで抜け出そうと試みる。チェルシーDFに当たり、こぼれたボールをスアレスが拾って再びメッシに送る。メッシが角度のないところから右足を振り抜くと、シュートはGKクルトゥワの股を抜けて枠内に転がり込んだ。

バルセロナは幸先良く先制して勢いに乗った。20分、メッシが中盤でボールを奪い、カウンターを仕掛ける。メッシは右サイドを駆け上がったデンベレを見逃さず、パスを送る。デンベレは右足で豪快に蹴り込み、バルセロナ移籍後初得点を記録した。

チェルシーは前半終了間際にバイタルエリアでFKを得る。これをM・アロンソが左足で狙うも、ボールはポストを叩く。

バルベルデ監督は54分に負傷明けのイニエスタに代えて、パウリーニョを投入する。60分、ブスケッツに代えて、アンドレ・ゴメスをピッチに送り込んだ。

63分、バルセロナが3点目を手にするスアレスのパスを受けたメッシが、ドリブルでチェルシーDFを数人かわして左足でフィニッシュ。またもGKクルトゥワの股を抜くシュートを沈めた。メッシはこのゴールでCL通算100得点目を記録している。

コンテ監督はモーゼス、ジルー、アザールを下げ、ザッパコスタ、モラタ、ペドロを次々に投入する。89分には、ショートコーナーからセスクがクロスを上げ、リュディガーをヘディングを叩いたが、これはバーに嫌われた。

バルセロナ2試合合計スコア4-1で、チェルシーを破り、CLベスト8に進出している。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう