マンチェスター・シティのベルナルド・シウバは、クラブの選手たちが正当な評価を受けていないと感じているようだ。

過去2シーズン、他のクラブを圧倒してプレミアリーグ連覇を飾ったマンチェスター・C。今シーズンは首位リヴァプールに大差をつけられるも、2位をキープするなど安定した戦いを続ける。多くのワールドクラスを揃える同クラブで、特にケヴィン・デ・ブライネは司令塔として圧巻のパフォーマンスを披露するが、PFA年間最優秀選手賞などの個人タイトルとは無縁だ。

勝ち点100に到達した2017-18シーズンはリヴァプールのモハメド・サラー、連覇を飾った昨シーズンにも同じくリヴァプールのビルヒル・ファン・ダイクに受賞を許したことを受け、シウバはイギリス『テレグラフ』で「ケヴィン・デ・ブライネは2年前に受賞すべきだった。あのシーズン、彼は明らかにリーグのベストだった。シティの選手が適した評価を手にできないことが理解できない」と不満を漏らした。

また、チャンピオンズリーグ(CL)のトピックに関しても同選手は言及。欧州サッカー連盟(UEFA)からファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反に対して2年間の出場禁止処分を科され、現在最終判断を待つことに「どのような結果になるかわからない。でも、今年の大会に全力を尽くしたい」と主張し、母国ポルトガルで行われるミニトーナメントを見据えた。

「僕個人にとってさらなるモチベーションになった。僕のホームタウンでこの特別でユニークなイベントが開催されるんだ。4年前のEUROでプレーできなかったから、リスボンでタイトルを懸けて戦うことは大きな意味がある。プレミアリーグはもう不可能だ。だから、このクラブが1度も制したことのないチャンピオンズリーグを手にすることが目標だ」