マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、レアル・マドリーに所属するDFダニーロへの興味を認めている。

今夏サイドバックの刷新を目論むシティは、右サイドバックの人員としてカイル・ウォーカーとダニエウ・アウベスの獲得を望んでいたものの、アウベスの確保に失敗。そして、同クラブの視線は現在ダニーロへと向けられているようだ。

イタリア紙がシティとダニーロはすでに個人合意に至ったと報じたことに対して、グアルディオラ監督は「新加入の選手に関してたくさんの選択肢を持っているが、成立するまで何も言うことはない。ただし、ダニーロはオプションの1人だ」と同選手への興味を認めるも、契約に関しては否定。

続けて「我々はさらに3、4人の選手と話をしていて、彼らは加入する可能性があるが、それは次のシーズンではなく、3、4年後になるかもしれない。なぜなら彼らはまだまだ若手だ」とさらなる新戦力の獲得を示唆している。

ダニーロの移籍を報じたイタリア紙によると、シティは3500万ユーロ(約45億円)でレアル・マドリーと合意。同クラブはロサンゼルスへと旅立つ21日までに移籍を成立させたいと考えているようだ。