ドルトムントはMFミケル・メリーノに対して他チームとの交渉のため、トレーニングキャンプから離脱することを許可したようだ。

メリーノは昨夏、スペインのオサスナから385万ユーロ(約5億円)で加入。しかし、昨シーズンはブンデスリーガでわずか8試合の出場にとどまり、ドルトムントで定位置をつかむことができていなかった。

メリーノにはアスレティック・ビルバオやレアル・ソシエダが獲得に興味を示していたが、プレミアリーグに復帰したニューカッスルが獲得に近づいていることが『Goal』の取材によりわかった。ドルトムントは完全移籍での放出を望んでいるものの、700万ユーロ(約9億1000万円)での買い取りオプション付きのレンタルでイングランドに向かう可能性が高まっているようだ。

なお、スイスでキャンプ中のドルトムントはツイッターの公式アカウントで「メリーノは他クラブと交渉するため離脱する」と明かしている。