パリ・サンジェルマンFWネイマールが、契約条項に記載されていたボーナスの支払いをめぐって、バルセロナを訴える可能性が浮上している。

ネイマールは昨年バルセロナと契約延長を行った際、今年7月31日までに2600万ユーロ(約33億円)のボーナスを受け取ることで合意していた。だがバルセロナはパリSG移籍に傾いていたネイマールの状況に顧みて、同額を一旦公証人に預ける決断を下した。

そして、今月3日にネイマールのパリSG移籍が正式決定。ネイマールは結局バルセロナから2600万ユーロを受け取っていない。これを不当だと考える選手側は、FIFAに対してバルセロナを訴えることを検討している。