バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、クリスティアーノ・ロナウドとプレーするためにレアル・マドリー移籍を希望していたようだ。

レヴァンドフスキは2014年にドルトムントからバイエルンへとフリー移籍。以降、バイエルンのエースとしてゴールを量産してきた。だが、レヴァンドフスキの元代理人であるチェザリ―・クチャルスキ氏は、交渉のある時点では選手がレアル・マドリー移籍を希望していたことを、YouTubeチャンネル『Futbolownia』で明かす。

「私は彼に、ビッグクラブでナンバーワンのストライカーにならなければならないと説得した。マドリーではカリム・ベンゼマに勝るところもあるだろうが、当時の彼のステータスを考えればナンバー2になることも考えられたし、移籍は許されなかった。マドリーでもアーセナルでもマンチェスター・シティでも、すべての話し合いでこのことを強調した」

また、レヴァンドフスキとバイエルンの契約は2023年まで。元代理人は、今後もバイエルンでプレーするだろうとの予測を立てている。

「彼はバイエルンでキャリアを終えることになるだろう。私がまだ彼の代理人なら、少なくともそうアドバイスするだろう」