スペイン『ムンド・デポルティボ』は、リヴァプールに所属するブラジル代表MFコウチーニョがバルセロナで家探しを始めていることを報じた。

バルセロナが獲得を狙い続けるコウチーニョ。『ムンド・デポルティボ』によれば、選手本人も移籍を希望しており、すでに関係者にバルセロナで妻、娘とともに住む家を探すよう依頼しているという。曰く、リヴァプールの元チームメートFWルイス・スアレスや、同胞MFパウリーニョの近所に住むことを検討しているようだ。

なおバルセロナは、リヴァプールに対して移籍金+インセンティブで総額1億5000万ユーロのオファーを提示する考えとされている。