ユヴェントスFWフェデリコ・キエーザが、ポルト戦を振り返った。

17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝ラウンド1回戦ファーストレグで、ポルトのホームに乗り込んだユヴェントス。しかし開始わずか1分も満たないうちにミスから失点すると、後半開始早々にもゴールを許す。82分にキエーザがようやく1点を返したが、1-2で初戦を落とした。

アウェイゴールを奪ったもののファーストレグで敗れ、2シーズン連続のCL決勝ラウンド1回戦敗退の可能性が高まるユヴェントス。キエーザは試合後、イタリア『スカイスポーツ』でセカンドレグでの逆転を誓った。

「僕らは試合へのアプローチによってすぐに大苦戦を強いられた。CLでは、集中力が切れた瞬間に罰を受けるんだ。アウェイゴールを奪えたことは、セカンドレグに向けて強さにはなる。全く違うゲームになるだろうね」

「僕にとってはこれが初のCLノックアウトラウンドで、通常の試合がどういったものなのかはわからない。最初から緊張感があったし、試合開始直後から自分たちで難しくしてしまった」

「セカンドレグでは、明らかに違うユーヴェになるだろう。次のラウンドへ進むためには、何か違うものを見せなければならないからだ」