リヴァプールのファビーニョは、元チームメイトのキリアン・ムバッペと再び一緒にプレーしたいと話した。

2017年夏にモナコからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入するまで2シーズンにわたりムバッペとプレーしたファビーニョ。その後、ブラジル代表MFは2018年夏にリヴァプールに加入すると、昨シーズンのチャンピオンズリーグ制覇を経験し、今シーズンはプレミアリーグ首位を独走するチームのキーマンとして活躍する。

現在、負傷による離脱が続くファビーニョは、フランス『テレフット』のインタビューで元チームメイトについて問われ「ムバッペはネイマールよりも先にバロンドールを受賞すると思う。それに、リヴァプールに加入すれば大歓迎だ」とイングランドでの再会を望んでいるようだ。

続けて、同選手はリヴァプールについても言及。チーム内のベストプレーヤーについて問われると「サディオ・マネがベスト。彼はバロンドールに相応しかった」と2019年の同賞で4位に甘んじたセネガル代表FWを大絶賛し、好調のチームについても語った。

「リヴァプールはチャンピオンになる。現状で世界最高のチームだ。それに、(ユルゲン)クロップは世界最高のコーチ。インヴィンシブルズを達成できるかって?負けることは僕たちのプランにない」

一方、自身の将来についてもファビーニョは口を開く。リヴァプール加入前にはPSG移籍が報じられていた同選手は「PSGと契約しなかったことに後悔はない」と主張し、将来はフランスに戻る可能性を示唆しつつ、一部で報じられていたレアル・マドリーからの関心についても明かした。

「レアル・マドリーからコンタクトはなかった。でも、僕は前からあのクラブで成功したいと思っている」