スペイン代表主将、セルヒオ・ラモスが新たな記録を打ち立てた。

現地時間11日、アムステルダムのヨハン・クライフ・アリーナで行われた親善試合、オランダvsスペインは1−1の引き分けでフルタイムを迎えた。

この試合で先発出場したS・ラモスは85分までピッチに立ち、自身の持つキャップ数を176に伸ばした。この数字は2018年3月、イタリア代表でジャンルイジ・ブッフォンがマークした176試合出場に並ぶもの。これはヨーロッパの主要国で、歴代最多タイの代表試合数となる。

試合後、代表指揮官ルイス・エンリケはS・ラモスについて賛辞の内容で次のように語った。

「セルヒオはとてもユニークな選手だね。もはや別のレベルにいるプレーヤーだよ。代表戦でここまで多くの試合に出場しているという事実は、特別な才能のある人だけが実現できるものだ」

1986年生まれのS・ラモスは2005年3月、中国戦で19歳にしてフル代表デビューを飾った。当初は右サイドバックを主戦場とし、EURO2008、2010年の南アフリカ・ワールドカップとスペインにビッグタイトルをもたらした。カルレス・プジョルが不在となったEURO2012からはポジションをセンターバックに移し、EURO連覇を達成。

盟友イケル・カシージャスが代表のスタメンから遠ざかるとともに、S・ラモスは代表キャプテンも担当。34歳の現在に至るまでスペイン代表では常に主軸を担う存在であり続け、欧州最多タイの176キャップを刻むまでに至っている。