マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第5節でウェスト・ハムとのアウェー戦に臨んだ。

プレミアリーグ開幕から3勝1分けと好スタートを切るも、火曜日のチャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節では退場者も出て1-2と敗れたマンチェスター・U。スールシャール監督は今回の一戦、そのヤング・ボーイズ戦から先発3選手を変更し、デビューから2試合連続ゴール中のクリスティアーノ・ロナウドなどを引き続き起用した。

立ち上がりからピッチ上で激しい肉弾戦が繰り広げられた試合は、徐々にウェスト・ハムがマンチェスター・Uに圧力をかけていく。それでも、ヴァランを中心に水際で耐えたアウェーチームは、27分に決定機。CKの流れからファーサイドに流れたボールをブルーノ・フェルナンデスが左足で叩く。このシュートがゴール右隅を捉えたが、GKファビアンスキが横っ飛びでわずかに触れたボールは右ポストに直撃した。

すると、31分にスコアを動かしたのはウェスト・ハム。右サイドから中央へ仕掛けると、ペナルティアーク手前からベンラーマがコントロールシュートを放つ。これがブロックに入ったヴァランにディフレクトしてゴールネットを揺らし、ウェスト・ハムが先制する。

それでも、マンチェスター・Uは頼れる男が魅せる。36分、B・フェルナンデスが左サイドから入れたセンタリングに最終ライン裏を突いたC・ロナウドが右足アウトサイド気味のテクニカルなボレーで合わせる。シュートは一度GKファビアンスキに弾かれたが、すかさずC・ロナウドが詰めて3試合連続弾をマーク。マンチェスター・Uが試合を振り出しに戻してハーフタイムを迎える。

迎えた後半、立ち上がりにマンチェスター・Uにチャンス。相手陣内でフォルナルスのミスパスを拾ったB・フェルナンデスがC・ロナウドに決定的なパスを送る。ゴール正面のC・ロナウドがそのままシュートに持ち込んだが、これはGKファビアンスキのファインセーブに遭う。

その後は、ボールを保持して押し込むマンチェスター・Uに対し、ウェスト・ハムがリトリートからカウンターを狙う展開となる。スールシャール監督は73分、ポグバとグリーンウッドに代えてサンチョとリンガードを送り出す。

すると、CLで自身のミスが敗戦の原因となったリンガードが昨季所属した古巣相手に決める。89分、マティッチのパスを受けたリンガードがボックス左でカットインシュート。これがゴール右上隅に決まり、マンチェスター・Uが土壇場で勝ち越した。

しかし、試合終了間際のアディショナルタイム3分にはボックス内でショーのハンドが取られてマンチェスター・UがPKを献上。しかし、ノーブルがゴール右に蹴ったPKをGKデ・ヘアが完璧に読んでストップしてみせる。このまま2-1で試合終了となり、マンチェスター・Uがドラマティックな試合をモノにし、リーグ3連勝を決めている。