昨シーズン、プレミアリーグではリーグ5位に終わり、チャンピオンズリーグでは早期敗退を喫したアーセナル。シーズン後半戦にはアーセン・ヴェンゲルの更迭を求める声が加熱した。

しかし、結果的にヴェンゲルはアーセナルと新たに2019年6月までの2年契約を結び、チームはFAカップを制して16−17シーズンを終えている。

現地時間4日、コミュニティーシールドのチェルシー戦を前にしたヴェンゲル監督は、記者会見で次のような言葉を述べた。

「みなさんごきげんよう。私はまだここにいます。ここからいなくなってほしいと思っている方もいらっしゃったかもしれないが、まだ監督の席にいて申し訳ない」

新シーズンに向けた意気込みについては「今シーズンは残念ながらチャンピオンズリーグに出ることはできない。だが、自分の仕事に集中して少しでも多くの勝利をチームにもたらしたい。今季はヨーロッパリーグに挑むことになるが、ターンオーバーで選手を休ませることができたら、ぜひ実践していきたいね。我々はどのような競争力の中で戦うことを強いられるのか、見極めていきたい」と述べている。

前シーズンのリーグ王者とFAカップ王者が激突するコミュニティシールドは現地時間6日にウェンブリーで行われる。果たして、ヴェンゲル率いるアーセナルはチェルシーを下して、シーズン初のタイトルを獲得できるのか、その手腕が改めて試されることになりそうだ。