今夏の移籍市場でモナコからマンチェスター・Cへ移籍したポルトガル代表MFベルナルド・シウヴァが、記者の前で元同僚のFWキリアン・ムバッペについて言及している。

「ムバッペにはいろんなうわさが出ているけど、彼は本当に素晴らしい選手だと思う。本当ならシティに連れて来たいけれど、これはクラブが決めることだからね」

B・シウヴァは「彼はまだ18歳の若者。これから正真正銘のスーパースターになれる逸材だ。まだ荒削りかもしれないけど、これから真のクラックになるだろう。彼はピッチ内ではとても知的な面があるし、スピードやフィニッシュ、攻撃面での能力は申し分ない。世界最高のFWになるのも時間の問題だと思うよ」と語り、元同僚ムバッペの才能を手放しで称賛した。

すでにリーグ・アンは開幕を迎え、ムバッペは第1節で先発出場を果たした。しかし、以前からレアル・マドリーへの移籍話が浮上しており、ネイマールの移籍に伴いバルセロナに引き抜かれる可能性も取りざたされている。その一方で、マンチェスター・C行きのうわさは収束している状況だ。

ムバッペの動向は引き続き注目されるところだが、同選手をよく知る元同僚B・シウヴァからしても、その潜在能力は計り知れないもののようだ。