モナコFWキリアン・ムバッペを獲得する場合にはMFガレス・ベイルを放出する考えとされたレアル・マドリーだが、ウェールズ代表MFに対して今季も戦力に加えていることを断言したという。

今夏にムバッペを獲得する方針と報じられるレアル・マドリー。ジネディーヌ・ジダン監督はクラブ首脳陣に対して、同選手を引き入れる場合には選手放出が必要であることを強調し、放出候補の一人としてベイルの名を挙げたとも報じられている。

しかしながらイギリス『ガーディアン』によると、レアル・マドリーはベイルを今季の戦力として数えている模様。同クラブの幹部がベイルに対して「ムバッペがやって来るのは2018年になる」との言葉を伝え、安心させたとのことだ。

なおベイルに対しては、マンチェスター・ユナイテッドなどイングランドのクラブからの興味が盛んに報じられている。