欧州サッカー連盟(UEFA)は、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の規約に反した可能性があるとして、マンチェスター・シティへの調査開始を発表した。

ドイツ『Der Spiegel』らは昨年からマンチェスター・Cが数年間にわたり収入源に関してUEFAに偽りの報告をしていたなどと指摘。クラブはこの報道を否定していたものの、UEFAは7日にプレミアリーグチャンピオンに対して正式な調査を開始することを発表した。

「UEFAのクラブ財政管理部門は、ファイナンシャル・フェア・プレー違反が訴えられているマンチェスター・シティに対して調査を開始する。調査は最近メディアによって報じられているFFP違反に焦点を当てて行われる」

一方のマンチェスター・Cは、UEFAの声明を受け、疑いを晴らすために調査に協力することを発表。さらに、ドイツメディアの報道を全面的に否定する声明を出している。

なお、UEFAの調査により、マンチェスター・CのFFP違反が発覚すれば、チャンピオンズリーグなどのUEFA主催大会への出場禁止処分を科される可能性が高いと予想されている。