ローマ(イタリア)は16日、イスタンブールBBSK(トルコ)からトルコ代表MFジェンギズ・ウンデルを獲得したと発表した。契約期間は5年で、移籍金は1340万ユーロ(約17億3000万円)。パフォーマンスに応じて最大150万ユーロ(約1億9000万円)のボーナスも支払われる。

ウンデルはトルコ出身の20歳。母国アルトゥノルドゥFKでキャリアをスタートさせ、2016年にイスタンブールBBSKへ移籍。トルコ代表としては2016年11月にA代表デビューを果たし、4試合に出場して2得点を挙げている。

ウンデルはクラブの公式サイトを通じて「移籍してきてファンに会えることに興奮している。できるだけ早く先発に定着したい」とコメント。またローマのスポーツ・ディレクターを務めるモンチ氏は「素晴らしい技術を持つジェンギズの獲得に満足している。彼はすぐに環境に適応し、その才能が我々のチームにとって貴重なものになるだろうと確信している」と語っている。