現地時間22日、セビージャがエドゥアルド・ベリッソ監督を更迭したことを発表した。

ベリッソ監督は、今年6月に現アルゼンチン代表指揮官ホルヘ・サンパオリの後任として招へいされた。だが、今シーズンはここまで9勝2分け6敗の5位ながら、クラブは成績不振を理由に解任の決断に至った模様。

また、同氏は前立腺がん治療中の身でもあり、11月下旬には手術を受け、セビージャは任期中の病気発覚も指揮官の続投を後押ししていた。だが、結果としてセビージャは「22日の取締役会で、ベリッソを解任する決定を下した」との声明を明らかにしている。

同クラブは直近の公式戦4試合で勝利から見放されており、20日のレアル・ソシエダ戦は1−3で敗れ、クリスマス休暇に突入していた。

現時点で後任監督は決まっていないが、現地メディアの報道によると、後任候補にはルイス・エンリケ、ローラン・ブランなど実績ある監督が候補に上がっている。

【Goal.com限定】12月22日〜24日まで、通常1ヶ月が2ヶ月無料になる限定キャンペーン実施中!
▶クラシコ観るならDAZNで!3日間限定2ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。