明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が7月22日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズとセビージャFC(スペイン)が対戦した。試合は2-0で鹿島が勝利。試合後、鹿島のDF植田直通がゲームを振り返った。

「相手も日本まで来て、まだ身体もできていない状況。そういう相手には負けられなかったので、結果が出て良かったと思います」と胸をなで下ろす植田。「あまり相手の情報がない中で、どういう攻撃をしてくるんだろうと考えながらやってました。前から行ってなかなかいい奪い方ができてなかったので、後ろに引いちゃってカウンター狙いでもいいんじゃないかと話してました。それがうまく行って点を取れたと思うので、そこはプラスかなと思います」とゲーム運びについて説明した。

「相手もうまい中で、僕たちも走らされてしまった。なかなか難しいところもありましたが、楽しかったです。日本のチームとは違いますね」とスペインの強豪チームに対する印象を語った。