チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が27日に行われ、シャフタール・ドネツクとインテルが対戦した。

初戦を勝利で飾ったシャフタールと、ドロースタートのインテル。インテルはラウタロ・マルティネス、ロメル・ルカクが2トップを組み、中盤にはニコロ・バレッラ、アルトゥーロ・ビダル、マルセロ・ブロゾヴィッチが並んだ。

前半15分にはルカクが決定機を迎えるが、GKがセーブ。直後のバレッラのボレーシュートはバーに嫌われた。22分にはコーナーキックからルカクが合わせるも、枠を捉えきれず。42分にはルカクのFKが再びバーを叩いた。

54分には、ブロゾヴィッチ、ラウタロ・マルティネスが続けてゴールを狙うも、先制点は生まれない。

度重なるチャンスを逃したインテル。結局、試合はスコアレスドローに終わり、インテルは2試合連続引き分けとなった。