バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、今夏パリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールに言及した。

今夏移籍騒動の末にパリSG加入を決めたネイマール。バルセロナは同選手の移籍と引き換えに、2億2200万ユーロ(約290億円)という大金を手に入れた。

だがバルトメウ会長は、ネイマールの移籍の過程が最善のものではなかったと主張している。スペイン『スポルト』のインタビューで次のように話した。

「ネイマールは我々の気を散らせた。過剰にね。『僕たちは、ここを去る』ともっと早く言うべきだった。そうすれば、例年通りの市場で彼の代役を探せたからね。彼の退団の仕方は正しくなかった」

「歴史から見て、バルサは選手の移籍を阻止しない。(セスク、ペドロ、アレクシスといった選手にも)移籍を望めば、それを許してきた。ネイマールも同じだ。ただ、彼がもっと早く決断していれば、デンベレをより安価で獲得できていただろう」