元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏は、トップクラブでの指揮官を続行する意思を明らかにした。

今シーズン終了後にヴェンゲル氏は22年間率いてきたアーセナルを退団。“愛する”クラブから離れることは監督キャリアの終焉ではないと以前から話してきた同氏は『beINスポーツ』で、できる限り早くに現場に復帰したいと意欲をのぞかせた。

「もう一度自分自信を試せるかと思うと楽しみでしかたがない。私は常にそのような場面を求めている人間だ。将来のことは何もわからないが、次のチャプターを書き始めなければならないと考えている」

「私は人生を楽しんだり、ベンチに横たわったりする才能がまったくない人間だ。そのようなことができる友人を羨ましく思う。この生活はすぐに退屈になってしまいそうだ。フットボールとの生活が中毒になってしまっている」

また、どのようなクラブを率いたいかと問われた同氏は「野心を持ったビッグクラブだ。ファンのために特別なことを成し遂げられるクラブだ」と希望を口にした。

日本のクラブでの指揮を執るのではないかとも報じられているヴェンゲル氏だが、今後のことはまだ決まってはいない模様。はたしてどのような決断を下すのだろうか。