アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスは今夏の移籍市場での退団が有力視されている。先日はパリ市内で代理人とともにパリ・サンジェルマン関係者と接触していたと報じられ、もはやアーセナル退団は時間の問題かと思われていた。

しかし、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は教え子の退団について完全否定。遠征先の中国で、ヴェンゲル監督はメディアの前で次のように語っている。

「A・サンチェスが退団するなんて話はメディアの憶測に過ぎない。彼はアーセナルの選手だからね」

22日に中国で行われた親善試合で、アーセナルはチェルシー相手に0−3で敗れている。この結果については「経験の少ない選手を試すにはいい機会だったが、現時点でチェルシーよりも成熟していないことがよく分かった。それに、中国ツアーでの最後の試合だったし、チーム全体が疲れていた」と語っている。

アーセナルは8月6日にコミュニティーシールドで再びチェルシーと戦うことになっている。果たしてアーセナルは昨シーズンのリーグタイトルを勝ち取ったチェルシーを下し、シーズン初のタイトルを獲得できるのか。退団報道の絶えないA・サンチェスの去就決着とともに、注目が集まるところだ。