ACミランに所属するFWカルロス・バッカの代理人は、同選手が古巣セビージャに復帰することを望んでいることを認めた。

2015年にセビージャからサン・シーロへ活躍の場を移したバッカは、2シーズンで31ゴールをマークするなど、エース級の活躍を見せていた。しかし、先日行われたバイエルン・ミュンヘンとの親善試合やヨーロッパリーグ予選を欠場した同選手がミランから退団するとのうわさが一気に加速。コロンビア代表FWにはマルセイユが強い関心を抱いていたが、選手本人はスペインへの帰還を望んでいるようだ。

バッカの代理人、セルヒオ・バリラ氏は『アス』に「カルロスがセビージャに戻りたがっている。あの街に素晴らしい思い出があることがその理由のようだ。それにワールドカップを控えているから、今年は選手にとって重要な1年だ。出場するためには、プレーする必要がある。彼のコンディションは整っていて、良いシーズンを送れる準備ができている」とバッカが古巣復帰を希望していることを明らかにした。

続けて「彼がミランに到着した時、クラブと5年契約を結んだ。最終日までその契約を全うしようと思っていたが、状況は一転し、ロッソネーリは違う考えを持ってしまっている。最善のことは、全員がハッピーになれる解決策を見つけることだと思う」と退団は決定的と話している。