レアル・マドリーMFガレス・ベイルのチーム内での立ち位置が再び悪化している。8日付のスペイン『マルカ』が「ベイル、序列の最後尾」との1面で報じた。

『マルカ』によれば、これまでも決して良好なものではなかったジダン監督とベイルの関係が、ここに来て再び悪化しているという。ジダン監督はベイルの練習に取り組む姿勢などに納得しておらず、そのため招集リストに含めることすら控えているようだ。

一方でベイルも、歩み寄りの姿勢を見せてはいない。コパ敗退に追いやられたレアル・ソシエダ戦では、チームが1-4で負けている状況にもかかわらず、いつも通り試合終了の10分前にスタジアムを後に。3-4まで食い下がった自チームの怒涛の攻撃を見逃したこの行動は、物議を醸すことになった。

なお『マルカ』曰く、レアル・マドリーの幹部陣はベイルが再びチームの輪に入れるよう動いている模様。選手たちに対して、ウェールズ代表MFが自分のことを重要な存在と感じられるようサポートしていくことを求めているという。