バイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、ふくらはぎの問題により一足先にミュンヘンへ戻っている。

バイエルンは現在、アウディ・サマーツアーによりアジアを回っている。19日にはアーセナルと対戦したが、チアゴは欠場。そして20日には、チアゴがふくらはぎに問題を抱えていることが明らかになり、ミュンヘンへ戻ることが決定している。

カルロ・アンチェロッティ監督は「メディカルチームと選手本人の決断で、チアゴはゼーベナー・シュトラーセ(バイエルンの練習場)でトレーニングを続けることを決めた」と帰国に至ったことを明かした。

なお、チアゴはチームが月末にミュンヘンへ戻ってきてから、合流する予定。8月1、2日に行われるアウディカップには出場できると予想されている。