マンチェスター・シティは22日、レアル・マドリーに所属していたブラジル人DFダニーロ(26)の獲得を発表した。

2015年に移籍金3150万ユーロでポルトからレアル・マドリーに加入したダニーロ。レアル・マドリーではDFダニ・カルバハルと右サイドバックのポジションを争うことが期待されたが、浮き沈みのあるパフォーマンスにより、同クラブの本拠地サンティアゴ・ベルナベウではブーイングの対象にもなった。

それでも昨季途中から調子を上げ、ジダン監督はチームに残すことを希望していたが、ダニーロ本人が出場機会を求めて移籍を決断している。

ダニーロはシティのほか、チェルシーからもオファーを受け取っていたが、ジョゼップ・グアルディオラ監督の説得もあってシティ移籍を決めた模様。シティは移籍金としてレアル・マドリーに3000万ユーロ(+出来高)を支払い、同クラブと5年契約を結んだダニーロは年俸として500万ユーロを受けるようだ。

ダニーロはシティの公式ウェブサイトで、移籍の喜びを次のように語っている。

「他クラブも興味を示してくれたが、ペップのもとでプレーするという意欲が常にあったんだ。彼が興味を持っていると聞いた瞬間から、シティの選手になるんだと自覚したよ」

なおレアル・マドリーは今夏、FWアルバロ・モラタを8000万ユーロでチェルシーに放出しており、ダニーロと合わせれば控え選手だけで1億1000万ユーロ(約142億円)もの売却収入を得ている。