パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスは、ネイマールが加入を希望していることを数週間前から聞いていたと明かしている。

ネイマールは先日、バルセロナから史上最高額でPSGへと移籍。バルセロナ、ブラジル代表でともにプレーしているアウベスは2−0の勝利に終わった開幕戦後、「ネイマール自身がここに来る準備をしていたから、アドバイスはしていたよ」と話す。

続けて、「親しい友達が頼ってくれるというのは常に喜びだよ。彼がここで幸せになれるよう助けるつもりだ」と語った。

一方で、ネイマールがフランスで適応し活躍するために、特別何かをする必要はないともしている。

「彼はすでにビッグだし、何もする必要はないと思う。バルセロナに来たときのような少年ではないからね。バルセロナに来るときには、アドバイスをしたよ。でもパリに来るときは違う。実際に何かしたわけではない」

開幕戦を欠場したネイマールは次節、ギャンガン戦でデビューすることが濃厚。史上最高額の男の新たな冒険には、世界中から多くの視線が注がれることは間違いない。