マンチェスター・シティのジョアン・カンセロが将来的なベンフィカ復帰を明言した。

2014年にベンフィカでプロキャリアを歩み始めたカンセロは、バレンシア、インテル、ユヴェントスを経て2019年にマンチェスター・Cに加入した。

マンチェスター・Cで2シーズン目を迎えた今季は、ここまでの公式戦43試合に出場して3ゴールを記録するなどチームの主軸として活躍。サイドバックながらも流れのなかで中盤の底でのビルドアップやゴール前への飛び出しを見せるなど、その多彩な役割は『カンセロロール』と呼ばれており、ジョゼップ・グアルディオラ監督の戦術の中で重要な選手となっている。

そんなカンセロは『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で「僕は心からベンフィキスタなんだ。またいつかそのシャツを着たいと思っている。今はシティで楽しんでいるけどね」と将来的なベンフィカ復帰を明言した。

さらにカンセロはチャンピオンズリーグ決勝についてもコメント。チェルシーとのビッグマッチについて次のように語った。

「ポルトガルでCL決勝を戦う。それは僕にとっての誇りだよ。ピッチに出て、勝つ必要があるね。チェルシーとの試合は素晴らしい挑戦になるだろうね。彼らはバランスが取れていると思う。難しい試合になると思うよ」