かつてリヴァプールでプレーした元ウェールズ代表FWのクレイグ・ベラミーが、バルセロナからの引き抜きのうわさが絶えない、リヴァプールのMFフィリペ・コウチーニョについて言及している。

バルセロナはネイマールの後釜として同選手に対して熱視線を送っており、一部報道によると9000万ポンド(約129億円)にも及ぶ2度目のオファーをリヴァプール側に提示。しかし、リヴァプールはこれを拒否したと報じられていた。ベラミーはこの動きについて『スカイスポーツ』で次のように語っている。

「リヴァプールはバルサからのオファーに対してよく対応していると思う。だけど、これは本当に断りきれるものだろうか?」

「リヴァプールサポーターだって、コウチーニョに出ていってほしいとは思わないだろう。ただし、相手はバルセロナだ。もし彼らから真剣に求められたら、サッカー選手だったら“ノー”とは言えないだろう」

ベラミーは「サッカー界で最高の選手である、(リオネル)メッシと一緒にプレーするチャンスが待っているんだ。そんな魅力的なオファーを目の当たりにして、本当に断ることが最良の判断とは思えないね」と語り、コウチーニョをめぐるオファーについて述べている。

同選手は現役時代から歯に衣着せぬ発言で知られる悪童の側面も持っていた。元リヴァプールの選手ながら、本当にバルセロナからの巨額のオファーを断ることがチームと本人のためになるのか、その現状に疑問を呈しながら、独自の見解を示している。