現地時間14日、UEFAネーションズリーグのグループ第5節各試合が行われた。

リーグAグループ3の大一番、ポルトガルvsフランスは試合は序盤から一進一退の攻防が繰り広げられるも、スコアレスのまま試合は折り返す。ようやく均衡が崩れたのは53分だった。セットプレーの流れからアドリアン・ラビオがシュートを放ち、ルイ・パトリシオが弾く。そのディフレクトに飛び込んだエンゴロ・カンテが押し込んでフランスが先制。

ポルトガルはこの後クリスティアーノ・ロナウドを中心に1点を奪いに攻勢をかけるが最後までフランスゴールを破ることができず、0−1でフランスがアウェー戦をものにした。フランスはこれで勝ち点を13に伸ばして2位ポルトガルとの勝ち点差を3に広げ、当該成績の関係で1試合を残してファイナル勝ち上がりとなった。

グループA4のドイツvsウクライナはウクライナが12分に先制するも、そこからリロイ・サネの同点弾、ティモ・ヴェルナーの2ゴールにより3−1で決着。

同グループもう一つの試合スイスvsスペインは前半28分にスイスが先行。スペインは高いボールポゼッションを見せながらスイスゴールに襲いかかるも、なかなか1点が遠い。

後半に入り、57分にスペインはPKのチャンスを得る。だが代表177試合目のセルヒオ・ラモスはこのチャンスで決めることができず、ヤン・ゾマーに阻まれる。79分にはニコ・エルヴェディが2枚目のイエローカードを受け退場となり、再びスペインにPKが与えられる。だがS・ラモスはこのPKもゾマーに防がれ、スペインは2本のPKを逸することに。土壇場の89分にジェラール・モレノがボックス内で同点弾を決め、スペインが1−1の引き分けに持ち込んだ。

この結果、グループA4はドイツが2勝3分けの勝ち点9で首位に浮上。スイスと分けたスペインが手にした勝ち点は1にとどまり、2勝2分け1敗の勝ち点8でグループ2位に転落した。現地時間17日に予定しているドイツvsスペインが事実上の首位決定戦となる。

UEFAネーションズリーグ結果
ポルトガル 0−1 フランス
スウェーデン 2−1 クロアチア
ドイツ 3−1 ウクライナ
スイス 1−1 スペイン

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう