14日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループE第1節、カンプ・ノウでのバルセロナ対バイエルン・ミュンヘンは3-0でバイエルンの勝利に終わった。

バルセロナが2-8というクラブ残る大敗を喫し、大勝したバイエルンが最終的に優勝まで駆け上がった2019-20シーズンCL準々決勝以来の対戦。バルセロナはメッシもルイス・スアレスも退団して、一方バイエルンはフリック氏ではなくナーゲルスマン監督(奇しくもバルセロナのラポルタ会長が招へいを狙っていた指揮官)が率いるなど、あれから両チームの状況は変化した。が、肝心の力量差は変わっていなかった。

前線に多くの負傷者を抱えることで3-5-2のシステムを使用したクーマン監督率いるバルセロナは、いつものように後方からボールをつないでいこうと試みたが、バイエルンが仕掛けるハイプレスを前に苦戦。アタッキングサードまでボールを運ぶこともままならず、冷静に、しかし大胆にボールを奪って効果的な攻撃を仕掛けるバイエルンに四苦八苦することになった。

バルセロナが唯一惜しいチャンスをつくったのはセットプレーから。28分に迎えた右サイドでのフリーキックの場面、クロスに反応したアラウホがヘディングシュートを放ったものの、これはわずかにクロスバーの上へと外れた。そして、バイエルンがその圧倒的なパフォーマンスにふさわしい先制点を決めたのは、34分のことだった。ミュラーのミドルシュートがエリック・ガルシアの臀部に当たってコースが変わり、T・シュテーゲンも反応し切れないボールが枠内に収まっている。

前半は0-1のまま終了し、後半もペースを握り続けるバイエルンは、56分に追加点を獲得。ムシアラのミドルシュートが右ポストに当たって跳ね返り、これをレヴァンドフスキが押し込んだ。2点のビハインドを負ったクーマン監督は59分、ブスケッツとセルジ・ロベルトを下げてガビ(17歳)、デミル(18)を投入。とりわけプレーが低調だったS・ロベルトは観客から指笛を吹かれていた。

クーマン監督はさらに66分、エリック・ガルシアとほぼ存在感がなかったルーク・デ・ヨングも下げてミンゲサ、コウチーニョもピッチに立たせる。また70分にはJ・アルバがプレー続行不可能となり交代を要求。その3分後、17歳のバルデがトップチームデビューを果たしている。出場戦の平均年齢をぐっと下げながら4バックにシステムを変更したバルセロナは、若手たちが奮闘を見せていくもバイエルンの分厚い、分厚過ぎる壁を穿つことはかなわない。

そうして85分、バイエルンがとどめとなる3点目を獲得。途中出場のニャブリが、ペナルティーエリア内右から放ったシュートがポストに当たると、これを拾ったレヴァンドフスキが落ち着き払った動作からこの日2点目を決めた。ドイツの盟主は3-0のまま試合終了のホイッスルを聞き、8-2のスコアではないながらも、バルセロナに絶対的な力量差を見せつけている。