アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFは、自身の目標としてチャンピオンズリーグとワールドカップの優勝を挙げた。

現在31歳のゴディンは、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューで次のように語っている。

「今、僕の人生はアトレティコ・マドリーと自分の国を中心に回っている。その二つは僕が愛情を注いでいるもので、何があろうともそうあり続けるだろう」

「今季の僕たちにとって、チャンピオンズは手が届かないものとなってしまった。だから今回はワールドカップという夢を狙う。でも来季、アトレティコとともにもう一度チャンピオンズ優勝を目指したい。その二つの夢は、引退するまで追い続けるよ」

ゴディンはアトレティコ、二度にわたってチャンピオンズリーグに到達した。

「確かに、チャンピオンズ優勝には限りなく近づいた。とにかく、人間はポジティブなことを心に残そうとするものだし、懐かしいことだと思い出す日が来るんじゃないかな。でも今は思い出すときじゃないし、その経験を糧にしながら進み続けなければならない」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。